スマホ老眼サプリと言えばコレ!改善や予防に必要な栄養素

 

『急に眼が悪くなってきた…』
『スマホの見すぎで最近視力が低下している気がする』
『スマホ老眼におすすめのサプリとかってあるの?』

 

 

スマホ老眼は本当の老眼とは違い、年齢に関係なくなる眼の症状です
老眼の原因は水晶体の健康状態が原因で老化現象ですが、スマホ老眼は眼のピント調節機能である毛様体筋の疲労によって起きる症状です
現代人はPCやスマホなどの電子機器に囲まれており、眼が披露しやすい状況下にあります

 

 

また、スマホアプリにハマってしまって空いた時間はスマホばかり見ていると言う方も少なくないはず…

 

 

スマホ老眼は他の眼の疾患(白内障、緑内障、加齢黄斑変性症など)を引き起こす可能性もあり、早めの対処が必要です
その為には眼の健康を保つ栄養素を効果的に取る必要があります
最近はスマホ老眼サプリなども多く販売されているので摂取しずらし栄養素はサプリメントから摂取するのが効果的です


スマホ老眼サプリはこの2つがおすすめ

眼の健康を保つ為のサプリメントはたくさんありますが、特にスマホ老眼にお薦めしたいサプリは2つ

 

 

それは【えんきん】と【めなり】です
この2つはスマホ老眼改善に効果が期待できる
・アスタキサンチン
・ルテイン
・ゼアキサンチン
・アントシアニン
が非常にバランスよく含まれています

 

 

特にめなりは吸収率にもこだわった製法の為、効果的に栄養素を取り入れる事が出来ます

 

 

スマホ老眼になると視力が低下したと勘違いしてしまって眼鏡をつけるようになり、それが逆に眼の負担を引き起こして本来の視力が低下するとう悪循環を引き起こしている方もいます
長時間スマホを見ている方やデスクワークなどで電子機器を使用する方は特に普通の食事では摂取しずらいこれらの栄養素を取るのがお勧めです

 

 

スマホ老眼改善の為にどうしたらいいのか?と言うのは
・眼の健康を保つ為に必要な栄養素を摂取する
・定期的に(1時間に一回程度)眼のエクササイズを取り入れる
・完全に目をつむって(5分くらい)リフレッシュする時間を設ける
などがあります

 

 

眼は一度悪くなると改善できない場合もありますので、デジタルネイティブと呼ばれる今の世代にはサプリメントなどでの栄養摂取は必須ですね

 

スマホ老眼の原因とサプリ以外の対策について

年をとっていくと、体も目も老化が始まってきます。
その中で、「老眼」といい、40代頃から、老眼が進行してきます。

 

 

しかし、「老眼」が20代〜30代の方でも、老眼に近い症状がでてきます。
その症状は、スマホ老眼と呼ばれ、一向に広がっている可能性があります。 

 

 

20代〜30代にスマホ老眼になる可能性
スマホ老眼とは、意味そのままです。
スマホを見すぎて、目に負担かかってしまう病気の一つです。
スマホは、私達の生活において、必要です。

 

 

毎日、画面を長時間に見続ける習慣が今、20代〜30代によくみられます。
目の疲労感を感じたら、注意です。目の疲労がたまると、この症状が疑われます。
(目のかすみ、目やにがでる)
(遠くはよく見えるのに近くが見えにくい)
(小さい字をみる時は、少し離れると見えやすい)
これがスマホ老眼の原因になります。
スマホ老眼の原因をあげますと、目の筋肉やピントを使い過ぎることで、眼筋のバランスが崩れる、ピント調節力低下を指します。

 

 

スマホ老眼の老化をストップできる対策法
スマホ老眼を予防する方法を具体的に説明します

 

 

生活改善やスマホの使い方によって予防や改善ができます
ストップできる対策法について、4つあります

 

 

@スマホを長時間見ないことです。当たり前です。長時間にスマホを使わないことが大事です。長時間に使うなら、時々、5分ほどスマホを離れて、目を休んでください。
A近くで、スマホを見ないことです。 画面から、約40cmくらいに離れてみて下さい。近く画面を見続けると、目に入る光の光量を抑える虹彩筋が負担になります。 スマホとの距離をしっかりとります。
B目の緊張をやわらげることです。 スマホやパソコンなど、見続けると、目の筋肉が緊張してしまいます。目の周りも、疲れがたまるので、蒸しタオルなど、リラックスをとります。このリラックス法は、注意が必要なので、1日に1回が望ましいことです。
C目の筋肉をトレーニングして、回復すること。

 

スマホを直接、見続けることで、目の毛様体筋が弱っていきます。
トレーニングのポイントは、指やペンを見て、遠く離れたところを見て下さい。
近くと遠くを繰り返して見るトレーニング法です。
3回〜10回繰り返すだけで、簡単な方法です。

 

スマホ老眼に対する注意点
いつの間にか、老眼になり、文字見づらくなった経験はあると思います
目のピントを合わせるため、無理に見続けると、眼の筋肉疲労になってしまいます
これが、頭痛や肩こりになる原因です。

 

 

ひどくなると、吐き気など、悪影響を与えます。
注意点はこの通りになります。

 

スマホ・パソコンの画面を長時間見ることを控えることです。それに注意すれば、抑えることができます